自転車のきゅうべえブログ

自転車のきゅうべえ各店のブログ

 

2019/06/04スタッフ日記

【トライアスロン】難易度MAX(?)南紀白浜復帰戦(第6回南紀白浜トライアスロン大会)

5月は本当に太陽が暑かった……8月あたり代休とってくれないかな?
と某S〇S団ばりの無茶を思い浮かべるスタッフ吉田です!

先日ツイートにて報告させていただきました「南紀白浜トライアスロン」に出場させていただきました!
え、バイクのインプレッション…!?もちっと待ってorz

3年ぶりの大会出場とあって気合も十分!コースマップ見る限りバイクコースがタフそうだから前日に下見に……

19060501.jpg
うぇぇ……マジでこれ登るの??
スタートする前からテンションガタ落ちしましたorz
とはいえ、登らなければ話にならないので、下見の段階で2往復(; ・`д・´)

その後白い砂浜がきれいな白良浜で水慣らしも終えて翌日は朝4時起床
眠さと緊張となんだかんだでほんともう……ぐるぐる(´TωT`)

スイム 0:28:01 区間22位
19060502.jpg
自己申告でのスイムタイムをもとに時間差を設けてスタートだったのですが、久しぶりのレースということで後ろの集団からスタート。最初はド緊張したのですが、水の中に飛び込むと自然とリラックスできました。 コースロープのない海の中では進路の確認も必要でしたが、同じペースで泳ぐ選手を見つけてガイド代わりにすることでスムーズと進む。
そのスムーズさのおかげか2周めに入ると先行してスタートした集団に追いついてしまいもみくちゃに(;'∀')
なんとか集団を抜け出した後は前方確認をしながら難なくスイムゴールに。 最後トランジションエリアでウェットスーツを脱ぐのに時間をかけてしまいましたが、スタートから30分切ってバイクに入りました。

バイク 1:25:43 区間21位
19060503.jpg
自転車屋さんの本領であるバイク。FORCEに乗り換えてから少ない体力消費で巡行できたと思います。
アップダウンの続くコース人数の割に広くない道幅、さらに周回で通るトンネル内は追い越し禁止だったので思ったようにスピードが出せず。 そのうえ30km過ぎた先にはあのヒルクライムが待ち構えているので、割り切ってラン以降につなぐ作戦に移行。
ヒルクライム区間では「前日に2回も登ったんだから…!」と奮い立たせなんとか登る。
リア最大25Tの重さが地味にのしかかりますが、踏ん張って頂上にある旧空港エリアに。さらに登った先の滑走路周回風が強く地味にきっつい!想定外のポイントでしたが、登り切った先で足を使うことができずにそのままバイクフィニッシュ。
すぐさまランシューズに履き替え、気合の一声張ってランに突入しました。

ラン 0:45:17 区間16位
海辺から高台の頂上に登っていくバイクと対照的に、山から海に向かって駆け下るランコース。前日では下見できなかったので、出たとこ勝負と腹をくくったのですが、滑走路から出た直後はオフロードの登り坂とタフな出たし(;^ω^)
2km地点から先が一気に下るコースになるのですが、バイクで予定以上に足を温存していたのでブレーキをかけずに思い切り駆ける。 だいぶごぼう抜きをした気がするのですが、スタートのタイム差もあって順位は上がらずorz
でも沿道のかた、一人ひとりの応援が心強かったのですごく楽しかったです( *´艸`)

スイム 0:28:01 区間22位
バイク 1:25:43 区間21位(22位⇒18位)
ラン  0:45:17 区間16位(18位⇒18位)
Total 2:39:01  女子18位

なんと!速報タイムでは2時間40分オーバーしていたのですが、正式タイムではギリギリ切っていましたΣ(・ω・ノ)ノ! シーズン通じてのタイム目標を、難易度高めのステージでの初戦で突破できたのはすごく嬉しかったです(/・ω・)/

そして、肝心の「エイジランキング」ですが、ランキング対象者年代別4位(5ポイント獲得)という結果でした。
エントリーリストを見てからこちらの順位は難しいかなと思っていたのですが、思ったよりレベルの高いところに頭突っ込んでいたようです……orz
「エイジグループ日本選手権」に出場するには1度でも対象大会で年代別優勝する必要がありますので、今後の大会でなんとか結果が出せるように頑張ります!(`・ω・´)

次回出場する大会は6/16開催
「2019東京都トライアスロン渡良瀬大会」
東京都と書いてありますが、渡良瀬遊水地は群馬関西飛び越して群馬遠征です…!
今度は「目標完走」ではなく、結果にこだわっていきたいのでご声援よろしくお願いいたします!

19060504.jpg
あ、あと今度の大会は写真もちゃんと撮りますorz